ブログトップ

一歩前へ踏み出そう!~佐藤恵子のキャリア応援ブログ~

casset.exblog.jp

卒業・異動シーズンにもう一度聞きたいスピーチ #3

いよいよ、この季節にもう一度聴きたいオススメのスピーチ最終回。
先日、留学時代の親しい友人で女性起業家の先輩でもある、Hさんに薦められこちらのスピーチを聞いてみたところ、感動以上のものがありました。Hさん、ありがとうございます!既にテレビでも放映されたことがあるようですが、あまりにも素晴らしいので「もう一度聞きたい」ということで取上げました。

「最後の授業~ぼくの命があるうちに~」/ランディ・パウシュ氏

氏はカーネギーメロン大学教授でバーチャルリアリティの第一人者と言われる方。末期の癌に侵され余命数ヶ月の時に、この「最期」の授業が行われました。
この「最後の授業」では、「人生で最も大切なこと」を教授の人生経験をもとに死を間近にしながらも「生きる」ことに焦点を当て、ユーモアたっぷりにお話されています。教授が命をかけて伝えたかったこととは。。。

YouTubeで講義の内容が字幕つきで紹介されています。
また、後日談を含む本+DVDも販売されています。
(それぞれ、"ランディ・パウシュの「最後の授業」"で検索するとでてきます)

授業の翌年である昨年2008年8月、47歳で教授はこの世から旅立たれました。

写真は、シチリアのチェファルーの日暮れ。人生の最期に何を思うか、、、想像しながらの一枚です。

a0118779_23281255.jpg
[PR]
by casset | 2009-03-19 20:56 | 幸せ・元気が出る!
<< いつまでもスポンジのように! 頑張る女性起業家 東さん・横田... >>