ブログトップ

一歩前へ踏み出そう!~佐藤恵子のキャリア応援ブログ~

casset.exblog.jp

転機を乗り切ろう!

この時期、卒業・入学・入社・異動・組織再編・転勤・引越しなどの転機を迎える方が多いと思います。
一週間前に異動通知がくればよい方という人もいらっしゃるくらい、こうした環境の変化が突然やってくる場合が結構あります。この転機、スムーズに乗り切りたいものですね。

キャリア開発の研究者のナンシー・K・シュロスバーグ氏が、ずばり「転機の乗り切り方」について示されています。彼女は、過去の自分自身の転機への適応・不適応の経験を通じ、対処方法について研究し体系立てました。著書 「『選職社会』転機を活かせ」に詳細が書かれていますが、一言でいうと、

「転機を乗り切るためのリソース(状況・自己・支援・戦略)を充分に点検し、転機を受け止め戦略をたてて実行する!

です。

一見、当たり前の内容に感じられますが、今まで異動・転職等で試行錯誤が多かった私が特に「素晴らしい!」と感じたのは、自己の内面的な資質についてのチェック項目の充実です。外部環境については、自分でコントロールができない部分が多々ありますが、自己の内面=内部環境については、自分自身の心の持ちようで、こうした転機にかなり強力なパワーを発揮し得ます。

自己の内面的な資質のチェック項目の中でも、「自分はどの程度個人的な幸せを感じるか」については、転機をポジティブに捉え乗り切れるために最も重要な点だと思います。
過去重い病気・怪我等の生命を脅かすほどのことを経緯・克服した人ほど、「今ある自分」に感謝し幸せを感じることができます。そのため、転機などの大きな変化や強いショックを受けても、「幸せと感じるハードル/レベル」が(いい意味で)低い分、転機に対する考え方がよりポジティブになるのでしょう。(実際、私もその一人ですが。。。)このような経験をされてない方でも、仮にご自身が体験されていたら、と想像してみてください。きっと、転機を前向きに捉えられるのではないでしょうか。

今、転機に直面されている方の成功を心からお祈りします。

(写真は転機・困難を乗り越えたときをイメージして、スイスアルプスの風景)
a0118779_124026.jpg
[PR]
by casset | 2009-03-24 01:06
<< WBC「侍JAPAN」ではこん... 新年度スタートを控えて読みたい本! >>