ブログトップ

一歩前へ踏み出そう!~佐藤恵子のキャリア応援ブログ~

casset.exblog.jp

習得に時間を要する場合には?~NZ伝統の遊びから~

Vol. 173

先日、ニュージーランド出身の人に、ニュージーランド伝統の
子供の遊びについて教えてもらいました。

1つ目は、長さ40センチぐらいの竹の筒でできたような棒を使ったもの。
2人が向かいあって座り、これを1人2本左右の手に1本ずつもち、
音楽に合わせて拍子木のように両手の某を合わせて叩き、
その後に相手へ投げて交換をします。
2つ目は、ポイと呼ばれるお手玉のような布製のボールに紐をつけたものを使ったもの。
こちらは、左右の手に一つずつ紐の先端をはさんでぐるぐると回します。
左右体の真横で均等に回すことから始まり、左右交差して回す技など、様々。
見た目には簡単そうなのですが、実際やってみるとかなり難しいものばかり。
習得するには時間がかかる遊びなのです。

なぜ、こんな遊びをしていたのか、その答えは、、、

元々隣国などから攻められることが多かったニュージーランドでは、
子供のころから、いずれ武器を使うことに備えて、
手先が器用になる、手首を丈夫にするような遊びを取り入れていた、

だそうです。

習得するにはには時間がかかるものを、
「早い時期」から「遊び感覚(楽しさをもって)」で、「習慣化」して練習する、
これには、学ぶものがありますね。

☆女性のための最強のキャリアアップ・起業サクセスプログラム、近日公開!
仕事・結婚・出産・子育てなど、転機の多い女性特有の課題を解決し、
ご自身に適したキャリアへと導くプログラムをご提供!提携:(社)女性の自己実現協会

☆【個人の皆様向け】キャリアコンサルティング 次回ご予約受付開始!
詳細・ご予約はこちらをクリック

☆お客様の声の掲載を始めました!
実際に講演・セミナーへ参加いただいた方からのメッセージをご紹介していますこちらをクリック

☆いきいき女性ネット」(mixi)コミュニティーをスタート!
女性の自立・社会復帰・キャリアアップについて、一緒に考え、
語り会いましょう!お問い合わせはinfo@casset.jpまで(@は半角で)

☆ブログの最新・更新内容を、簡単・無料で自動受信できます!GoogleのRSSリーダー登録をしておくと、新着情報を自動的にチェックできるので便利!詳細はこちら
[PR]
by casset | 2009-07-09 11:50
<< お陰さまで充電中です 閃きを体験する瞬間とは? >>