ブログトップ

一歩前へ踏み出そう!~佐藤恵子のキャリア応援ブログ~

casset.exblog.jp

『仙台四郎物語』@明治座 ~主演○○さんの芸人魂!~

Vol. 239

先日明治座にいらっしゃるTさんのおはからいで、
いつもお世話になる石原先生と受講生の方々約10名と共に

仙台四郎物語』@明治座の観劇を楽しんできました。

実は、私にとり明治座での観劇は初体験。
水天宮駅を出て甘酒横丁の下町情緒たっぷりの通りを抜けると
数年前に改築されたという明治座の建物が目の前に広がりました。
新しい建物ながらも、中に入るとそこには下町を感じさせる売店があり、
幕間にも充分に楽しむことができます。

肝心の『仙台四郎物語』では、主演のコロッケさんが好演!
主人公の四郎(1860年頃 - 1902年頃)は、
江戸時代末から明治時代に仙台(仙臺)に実在した人物。
知的障害で話すことができなかったものの、
彼が訪れる店は繁盛するとして存命中から各地でもてなされ、
没後、商売繁盛の福の神としてその写真が飾られるようになったようです。

知能障害を患っていたという、四郎を演じるのは難しいはずなのですが、
コロッケさんの手にかかると、とても表情豊で周囲の人に親しまれたという四郎が出現・・・
一見、コメディのようでいて、
実は四郎を取り巻く人々の笑い、涙、温かな愛情等を感じとることができる
大変味わい深い内容となっています。

第一部に続いて、二部はコロッケさんのおなじみのものまねライブでした。
テレビでは何度か見ていましたが、直接間近でみるは初めて。
29年もの間、この芸で成功されている方だけに、
観察眼と、それを再現する才能+努力、そしてお客様を楽しませようというエンタティナー魂
が伝わってきましたよ。
「一つの道」を極め、多くのファンに支持される方に、キャリアを考えるうえで学ぶものが多々・・・

Tさん、今回は素晴しい機会をありがとうございました!

それでは、よい連休をお過ごしくださいね。

a0118779_9361161.jpg

甘酒横丁を抜け明治座を臨む
[PR]
by casset | 2009-09-20 09:43 | 幸せ・元気が出る!
<< 【キャリ伸 24】 「らしさ」... ☆感謝☆ ~2日間セミナーを終えて~ >>