ブログトップ

一歩前へ踏み出そう!~佐藤恵子のキャリア応援ブログ~

casset.exblog.jp

「許しの連鎖」について

Vol.283

最近、感銘を受けたことで「許しの連鎖」があります。

これは、地域医療のエキスパートとして活躍中の医師、
中村伸一氏についてのエピソード。
以前、ご自身が自信をもっていた治療について、
アクシデントが重なり、
生死に係るほどの誤診をしてしまったとき、
(幸いにも、患者さんはその後回復したのですが)
患者さんから

「お互い様だから」
「(先生に)かえって大変な思いをさせてしまった」

と言われ許された、というものです。

正直、訴えられてもおかしくないような状況で、
患者さんからそのように許されたという事実・・・

きっと中村氏の、日頃の地域医療での素晴しい働きぶりを
住民に認められていたことも大きいと思います。
が、ご本人のコメントでは、

「きっと、患者さんが、他の人に過去許された
という経験があったのではないか」

と推察されています。

これを聴いて、はっとしました。

確かに、よく考えてみると、
前者の「日ごろの活躍ぶりを評価されていたのでは」
という推察については、
これは、「クレームにならない」というレベルまでを
可能とするものでしょう。
過去営業などの仕事に従事したことがある方は、
お客様への日頃の態度が、
何かエラーが発生したときのクレームの有無に影響する、
ということで身に覚えがあることかと思います。

しかし、大きな事故になりかねない誤診について
「許す」ことができるのは、
さらにもう数段進んだ心理がなくてはできないことです!

過去「許す」ということをされた人は、
他の人を「許す」ことができる。
この「許しの連鎖」。


「感謝の連鎖」も素晴らしいですが、
「許しの連鎖」は、さらに奥が深い内容ですね。

【キャリアセットからのお知らせ】
★姉妹ブログ「キャリアセット"KEI"の一言~日々の気づき篇~」では、
 日々のちょっとしたことの気づきや、お勧めのモノなどをご紹介しています。
 こちらをクリック

★ティーブレイク・セッション@マンダリン オリエンタル 東京/@ザ・リッツ・カールトン東京 
詳細・お申し込みはこちら

★個別キャリアコンサルティング  詳細・お申し込みはこちら
[PR]
by casset | 2009-10-29 00:07 | 幸せ・元気が出る!
<< 「許す」ことについて  二人の女王のコメントから >>