ブログトップ

一歩前へ踏み出そう!~佐藤恵子のキャリア応援ブログ~

casset.exblog.jp

カテゴリ:幸せ・元気が出る!( 117 )

旧交を温める

今日は留学時代の友人Hさんと約8年ぶりに再会しました。

留学から15年以上経過し、それぞれに仕事・プライベートを通じ得るものが多かったことで共感。頻繁に会わなくとも心通う友人のありがたさを痛感しました。

キャリアウーマンとして最先端を走るHさん。詳しくは書けませんが、起業家の先輩としても学ぶところが多く、今回私の独立について報告。

いろいろ相談にのってもらい、具体的なアドバイス・参考になる情報をいただきました。本当に感謝です!
同じ期間に留学した友人とのこういった交流を大切にしてきたいものです。

(写真は、レストランからマッターホルンを臨む風景。このすがすがしい景色が今日の再会の喜びにぴったりなので選びました。。。)
a0118779_22561754.jpg
[PR]
by casset | 2009-03-13 22:58 | 幸せ・元気が出る!

再会に乾杯!

今日は約一年ぶりに、所属しているアメリカ商工会議所(ACCJ)のイベントに出席してきました。
ACCJには以前米系企業に勤務していたときに入会し、朝食または昼食つき勉強会にしばらく毎月参加していたのですが、昨年春から多忙で欠席が続いていました。今日は、開業のご挨拶を兼ねての参加です。

今回は、ACCJにとり初のイタリア商工会議所とのジョイントのパーティで、会場は代官山。イタリアのスタイリッシュな電化製品で知られるデロンギ社のアンテナショップを兼ねたレストラン。同社の日本社長のパトリックさんとはACCJの勉強会でご一緒したことがあり、久々の再会を果たしました。

今回のイベント会場は、不況を忘れさせるような活気にあふれていました!むしろ、不況下でも手堅くビジネスをやられている企業の方々にお会いでき、それぞれのビジネスについてお聴きできるまたとない機会になりました。
また、昨年春まで頻繁にお会いしていた、「いつものACCJメンバー」にも再会し、皆さんに温かく迎えていただきました。開業のことをお伝えしたところ、以前とは違う話題へと発展。このようなつながりも大変ありがたいものだと痛感しました。勉強会への参加も、近々再スタートの予定です。
写真は、今回の会場のデロンギのレストラン。代官山駅から徒歩2分程度です。
詳しくはこちら -> http://www.excite.co.jp/ism/concierge/rid_761/

a0118779_175517.jpg
[PR]
by casset | 2009-03-06 01:06 | 幸せ・元気が出る!

お弁当を作りながら

今日は、終日新宿で勉強会でした。セミナー・講演を行うというアウトプットのためには、これまでの蓄積に加え常に新たな学び、インプットもとても重要。ですので、定期的にキャリア開発関連の勉強会に顔を出しているのですが、今日はその一環です。

さて、今日は終日会議室に缶詰というこもあり、久しぶりに健康食のお弁当を作りました。
正直、いつも家で食しているものをお弁当箱に詰めただけともいえますが、、、

・玄米のおにぎり+ミネラル塩(シチリア産)
・田舎の母特製の梅干
・有機野菜と指定農場の豚肉の炒めもの
・いただきもののカステーラ
・丁寧に入れた緑茶(水筒)

という、シンプルですが健康志向のメニュー。詰めていながら、自然とどんどん体にパワーがみなぎってくるのを感じました。
体が喜ぶものをお弁当にするのは、心にも、体にもとてもいいようです。
お陰で、一日元気に過ごせました。
[PR]
by casset | 2009-03-01 19:59 | 幸せ・元気が出る!

ホテルロビーで

昨日は大安だったので、結婚式を挙げたカップルも多かったようです。

たまたま、昨日は銀座のホテルで大学OB/OG会の会合だったため、会場の某銀座のホテルへ行ったのですが、予定より早く到着したのでロビーのソファに座っていました。そこへ初老の男性と20代後半と思しき男性2名が近くのソファに座り、しみじみと語り合っていました。
二人とも、スマートカジュアルの服装だったので、最初は気づかなかったのですが、そこへ挙式担当の女性が現れ、
「〇〇様でいらっしゃいますね。本日はおめでとうございます!挙式が△△からですので、(新郎の)XX様はそろそろお着替えを。。。」
と声をかけたので、この2名は父と息子と分かりました。

二人は、あまり多くを語らなかったのですが、親子の愛情がにじみでるような光景に思いがけず心が温まりました。
[PR]
by casset | 2009-03-01 19:47 | 幸せ・元気が出る!

行ってみる、言ってみる、そしてこんな事が!

今日は、世話人を務めさせていただいている、大学時代の部活、英語部OB/OG会の会合に出席してきました。

この部は、文化部の一つとはいっても殆ど体育会のようなところでした。スピーチを正しく覚えて発声できるまで先輩の特訓を受けたり、ディベートの試合の前は図書館に入り浸ったり、英語劇の講演の一ヶ月前は朝・昼・夜全てをメンバーと一緒にすごしたり、と青春時代そのもの。
元々母体が大きいため、同じ代でも年によっては最盛期は100名を越えます。このため、前後2-3年の先輩、後輩を知るだけでもかなりの人数になります。

数年前から、このOB/OG会に顔を出すようになったのですが、今日も素敵な大先輩の存在を知ることになりました。年が離れているため、学生時代には知りえなかった女性で英語劇をなさっていた方!約30年ほど年上の方で、現在も国際的な活躍をなさっています。
毎年6月に、部のOB/OG会総会を開催するのですが、この方をゲストスピーカーとして海外からご招待することに決定しました。

この大先輩にお会いできるだけでも、本当に光栄なことです。と、とても私がエキサイトしていることをお伝えしたら、世話人の諸先輩方から総会の司会役に抜擢されたのです。
司会を務める以上、この大先輩に直接いろいろインタビューさせていただくことにもなり、本当に光栄以上のなにものでもありません。

会合に行ってみて、言ってみたところ、こんな素晴らしい機会をいただけ心から感謝です!
[PR]
by casset | 2009-02-28 22:32 | 幸せ・元気が出る!

下町でのパワーランチ

今回のシチリア滞在では、現地に住むREIさん・Cさんの案内で、観光客では絶対に行けない下町に行くことができました。

トラーパニから車で約1時間半のパレルモ市街の中でも下町中の下町。中心街から一歩狭い路地に入ると、狭い石畳の道の両側に雑貨や食品を売る小さなお店が軒を連ねます。そして、少し先まで歩いていくと、、、、一目見てお世辞にも裕福とはいえないアパートの数々が。
その先に、活気あふれる魚屋さん兼食堂があります。店頭に並んでいる魚を調理した、たくさんの種類の前菜を自由にお皿にとって席につき、テーブルワインと一緒に楽しみます。
その後、魚介のうまみたっぷりのパスタ、蛍イカやイカのフライを十二分に堪能しました。
店内は、地元のビジネスマンやファミリーで活気があふれています。カンツォーネを歌う男性に、拍手をおくる下町の人々。風情・人情たっぷりのお店でした。ここに幸あり、です。

REIさん・Cさんありがとう☆写真は、下町での絶品、フライの一皿。
a0118779_1530368.jpg
[PR]
by casset | 2009-02-07 15:26 | 幸せ・元気が出る!

食を大切にするイタリア・シチリアの人々

REIさんからシチリアの家庭料理を直々に教えていただきました。

まずは、地元の魚市場や八百屋で季節の食材を購入。そして一つ一つの食材を、素材としてのよさを余すところなく調理します。

海に囲まれたシチリアでは、もちろん海の幸が豊富です。手軽に手に入る鰯を使っての料理が印象的でした。日本で採れる鰯よりややサイズは小さめの鰯を、手をつかって開く、シチリアの「手開き」の方法を教わりました。
こちらに、パン粉をオリーブ油で狐色にこんがり火を通したものに、地元の調味料を合わせたものを中に詰め、ロールしオーブンで焼くこと約30分。
今まで鰯に持っていた印象を覆す、おしゃれで美味しいおかずへと大変身。

これ以外にも、野菜をつかった副菜を調理。
そして全て調理後に食したのですが、ここで驚きました。イタリアでは、家族との食を大変大事にしているのです。例えば、こんな風に。
・毎日、しっかりと朝・昼・夜家族と食事を共にする。(昼食は2時ぐらいからゆっくりと自宅で取る)。
・結婚の際、母から花嫁へ、刺繍を施したテーブルウェア(クロス、ナプキンなど)がプレゼンとされる習慣があり、孫の代まで大事に使われる。
・食事の際、必ずテーブルクロスをかけて、テーブルを日常使いと食事使用を完全に分けている。

今まで、会社勤めが続いていたときは、まずは3食をしっかりとる事すらできず、いつも時間に追われていたことを思うと、価値観・習慣のギャップを感じずにはいられません。
どちらがいい、悪い、ということはいうつもりはありませんが、滞在しているイタリア・シチリアでは、食を大切にゆったりとしたHappyな時間をすごしているようです。
写真は、シチリアで食した食材の数々。
a0118779_791922.jpg
[PR]
by casset | 2009-02-07 07:13 | 幸せ・元気が出る!