ブログトップ

一歩前へ踏み出そう!~佐藤恵子のキャリア応援ブログ~

casset.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

浅田真央選手が打ち勝った相手

Vol. 353

バンクーバー・オリンピックで
日本中が応援していた、フィギュアスケートの浅田真央選手。
フリー滑走では、見事な三回転ジャンプのトリプルアクセルを成功させました!
結果は、世界記録を更新したキム・ヨナ選手に次いで2位でしたが、
オリンピックに照準を合わせ、本番で魅せた彼女の素晴らしい演技。

浅田選手が語ったコメントに、
実はキャリア開発者の立場としても頷かされるものがありました。

(オリンピック直前)
「これまでジャンプが不安だったので、
不安にならなくなるまで練習すればいい、と思い、
思やれるだけのことはやった。
(だから)あとは練習どおり滑るだけ」

(銀メダル受賞後)
「やれるだけのことはやった。」
「オリンピックだからといって、特別な緊張はなかった」

今季当初、浅田選手は元々得意だったジャンプの失敗を
重ねていました。
この原因は、例えば難度の高いプログラム構成など、
別のところにもあったかもしれませんが、
一度失敗すると、今度はその失敗という経験が不安へと変わり、
不安が失敗の原因ともなりかねない・・・

そんな中、彼女は不安の払拭方法として、
自分が不安にならないまで練習すればよいのだと考え
そして、猛練習を徹底。

これを知り、キャリア開発の世界でいう
アルバート・エリス(Ellis, A.)の論理療法を
彼女は自然にやっていた、ということに近い気がします。

エリスは、その人を落ち込ませるような信念を明らかにして、
徹底的に反論・粉砕することで、
正しい論理的な信念を見つけ出せるような力を育てる、
といった理論を展開しています。

特に、フィギュアスケートようにデリケートなスポーツの場合、
ちょっとした心の同様が、演技にも影響をもたらすと思われますが、
浅田選手の場合、「不安」を増長させることなく、
むしろ「不安」の原因と戦い、打ち勝ったことで
オリンピックの大舞台でも落ち着いて三回転ジャンプが成功できた、
といえそうです。

【CareerAssetキャリアセットからのお知らせ】

★法人様向け講演・セミナー詳細・お申し込みはこちら

★CareerAssetキャリアセット佐藤恵子のティーブレイク・セッション お申込み受付中! 
詳細・お申し込みはこちら

★個別キャリアコンサルティング詳細・お申し込みはこちら

★姉妹ブログ「CareerAssetキャリアセット"KEI"の一言~日々の気づき篇~」では、
 日々のちょっとしたことの気づきや、お勧めのモノなどをご紹介しています。
 こちらをクリック
[PR]
by casset | 2010-02-27 13:39 | キャリア・専門知識

80対20の法則はキャリアにも!?

Vol. 352

人は生れ、育った環境、学校、仕事での立場から
経済状況、その他多くの点で異なっていますが、
平等に与えられているのは、一瞬一瞬の時間ではないでしょうか。
また、生涯を終えるタイミングこそ異なれど、
いつかは死を迎える、という点でも平等です。

人生という限られた時間をいかに
充実感や幸福感を味わって生きることができるか、
については、大変重要な課題ですね。

この点を考える際に、大変参考になるのが
リチャード・コッチ氏によるパレートの法則を
人生に当てはめたこれらの本:

人生を成功させるための「80対20」革命!

楽して、儲けて、楽しむ 80対20の法則 生活実践篇

パレートの法則は、広く知られるところの80対20の法則ですが、
コッチ氏は、この法則がビジネスに適用される場合が多いけれど、
限りある人生にこそ適用すべきと唱えています。

つまり、得意なこと、本当にしたいことを絞りこみ
集中して取り組むことの大切さを訴えているのです。
もちろん、ご自身の得意・不得意、やりがいを感じることは何か、
その他もろもろ自己棚卸・分析をしてこそ
絞り込むことができるわけで、
キャリアにおける戦略の必要性について、80対20の法則を挙げて
説明している、といってもよいかもしれません。

とにかく頑張りすぎてしまう、という方に
特にお読みいただきたい本です。

【CareerAssetキャリアセットからのお知らせ】

★法人様向け講演・セミナー詳細・お申し込みはこちら

★CareerAssetキャリアセット佐藤恵子のティーブレイク・セッション お申込み受付中! 
詳細・お申し込みはこちら

★個別キャリアコンサルティング詳細・お申し込みはこちら

★姉妹ブログ「CareerAssetキャリアセット"KEI"の一言~日々の気づき篇~」では、
 日々のちょっとしたことの気づきや、お勧めのモノなどをご紹介しています。
 こちらをクリック
[PR]
by casset | 2010-02-21 00:38 | キャリア

アイデンティティ、大切ですね!~桐村晋次氏の講演から~

Vol. 351

キャリア・コンサルティング協議会が主催する、
日本のキャリア・コンサルティングを構築してこられた
4師による特別セミナーが開催中なのですが、
今回は桐村晋次氏の講演を拝聴してきました。

桐村氏は、法政大学で教鞭をとり、
日本産業カウンセリング学会会長、
また、元古河物流(株)社長という経歴をお持ちの方。

教育者と企業人事の両方の観点でのお話には、
非常に説得力があり、
なかでもアイデンティティの重要性に触れられ、
次の3点を強調されています。

1.自己の一貫性
   幼児期から過去の来歴を受け入れる

2.自分の独自性
   自分は自分自身であること

3.他者との関係性の認識
   WIN X WIN の関係を保つことが重要

特に、最近多いといわれる
その道の一人者になると思っていたところ、
部門が海外へ移転してしまったり、
狙っていたポジションを奪われる、
といった「オブジェクトロス(対象喪失)」について
アイデンティティと関連させ次のように指摘されています。

対象喪失があり得るなかで、
踏みとどまる=アイデンティティを見失わない
ことができるのは、家族・友達や、
シュロスバーグ氏のいう転機への対処の理論などもあるが、

やっぱり自分!
つぶれそうになったところで、支えるのは自分である。


そうです!
やはり、ご自身を支えるのは、アイデンティティを
しっかり持ったご自身に他なりません。

ご自身がもっとも大切にしている考え方である
アイデンティティの重要さを、改めて認識することに・・・

あなたの現在の暮らし・お仕事が
あなたのアイデンティティが反映されているものかどうか?
チェックすることは非常に大切です。

なお、アイデンティティについては、
エリクソン(Erikson, E.H., 1902-1994)の
発達理論により取り上げられています。
そこでは、アイデンティティについて、このように
説明されています;
自分はこういう人間だ、という自己定義。
一貫性や過去との連続性が感じられる自分があり、
またその自分について自分自身の認識と
周囲の他者の認識が一致しているという感覚が
あるとき、アイデンティティが存在することになります。
こうしたとき、自分について自信・安定感が生まれます。


【CareerAssetキャリアセットからのお知らせ】

★法人様向け講演・セミナー詳細・お申し込みはこちら

★CareerAssetキャリアセット佐藤恵子のティーブレイク・セッション お申込み受付中! 
詳細・お申し込みはこちら

★個別キャリアコンサルティング詳細・お申し込みはこちら

★姉妹ブログ「CareerAssetキャリアセット"KEI"の一言~日々の気づき篇~」では、
 日々のちょっとしたことの気づきや、お勧めのモノなどをご紹介しています。
 こちらをクリック
[PR]
by casset | 2010-02-16 23:29 | キャリア・専門知識

日常からちょっと距離をおいて・・・

Vol. 350

しばらく東京を離れていましたが、
昨夜戻ってまいりました。

日常から離れること自体、気持ちをリフレッシュする
事にもつながりますが、
日常からちょっと距離をおくと、
普段の立場・仕事についても別の視点で考えることができますね。

例えば、ご自身の仕事について、
職場の方と話すのが日常とするならば、
職場が異なるけれど、同じ世代~例えば同窓会の出席者~
と話してみると、

「あれ!この業界の○○を、我が社でも取り入れられるとよいかな」

と感じたり、

ご自身のことをよく知る、
世代の異なる家族や先輩を話をしながら、
こんなことを考えることも。。。

「あぁ、現在は仕事に費やすエネルギーが○○だけど、
○○年後には、こうなっていたい。
であれば、現在は△△についての知識を習得しようか」

かくいう私も、今回は世代の異なる家族と過ごし、
ちょっと違った視点での気づきがありましたよ。

「あぁ、この部分は○○譲りの特徴なんだな。
しっかり受け継いで、○○に活かしていこう」

自分ではなかなか気付けなかったある特徴を
家族に垣間見ることで、確認できたのです。

また、本を通じて自分と似た境遇に対処した他の人の
考え方・行動を知ることにより視点を変えることもできますね。
特に、キャリアについての転機を迎えている方、
信頼できる方に相談する、という方法に加え、
こちらの本をお勧めします。

「選職社会」転機を活かせ―自己分析手法と転機成功事例33

キャリア開発における、転機の捉え方・対処法の大家、
ナンシー・K・シュロスバーグ氏 (Schlossberg, N.K.)による、
転機を迎えた人のケースが多数記載された実践的な書のひとつです。

【CareerAssetキャリアセットからのお知らせ】

★法人様向け講演・セミナー詳細・お申し込みはこちら

★CareerAssetキャリアセット佐藤恵子のティーブレイク・セッション お申込み受付中! 
詳細・お申し込みはこちら

★個別キャリアコンサルティング詳細・お申し込みはこちら

★姉妹ブログ「CareerAssetキャリアセット"KEI"の一言~日々の気づき篇~」では、
 日々のちょっとしたことの気づきや、お勧めのモノなどをご紹介しています。
 こちらをクリック
[PR]
by casset | 2010-02-12 16:33 | キャリア

「本当に勝ちたいなら、安全装置を少しだけはずすのだ」 ~アクセル・スビンダル選手~

Vol. 349

冬季五輪開幕もいよいよ近づいてきましたね。
昨夜、五輪関連のニュースかと思って目に止まり、
途中から、衝撃での震えが止まらなかった番組が

NHKスペシャル
ミラクルボディー 第1回 滑降
時速160km 極限の恐怖に挑む
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100207.html

番組では、"世界のトップアスリートの肉体・パフォーマンスに
特撮を駆使して迫る大型シリーズ"の第1回目ということで、
"アルペン・ダウンヒルの王者"
アクセル・スビンダル(Aksel Lund Svindal)選手を
取り上げていました。

彼は、アルペンスキー世界選手権2009
(2009 FIS Alpine World Ski Championships)の
男子スーパー複合の優勝以外にも
過去様々な栄光を掴んでいるのですが、

実は過去に、競技中に大事故を経験。
事故の経験が「恐怖」となって
超高速スピードが出せない選手も多い中、
なんと彼は怪我から間もなく、事故を起こした地で
記者会見を実施し、「復活宣言」をしました。

その後、見事に復活。いや、それ以上に
自らの過去最高記録まで打ち破る程になりました。

事故から一年後、
競技の開催地は、事故が起きた地と同じビーバー・クリーク。
その斜面に果敢に突っ込んでいき、
事故のときより0.76秒速い記録をだしているのです。

彼は、
他のどの選手よりも
過去の自分よりも、
勝ったのです!


番組では、選手の脳や目の動き、心理学者による分析を
伝えており、大いに興味をひくものでした。
私としては、それ以上に、キャリア開発の観点で
なぜ、彼はそうした行動をとることができているのか、
といった要因について学ばせていただきたいと
強く感じたのでした。

本人がインタビューで語った言葉、

「本当に勝ちたいなら、安全装置を少しだけはずすのだ」

には、本当に、本当に重みがあります。

【CareerAssetキャリアセットからのお知らせ】

★法人様向け講演・セミナー詳細・お申し込みはこちら

★CareerAssetキャリアセット佐藤恵子のティーブレイク・セッション お申込み受付中! 
詳細・お申し込みはこちら

★個別キャリアコンサルティング詳細・お申し込みはこちら

★姉妹ブログ「CareerAssetキャリアセット"KEI"の一言~日々の気づき篇~」では、
 日々のちょっとしたことの気づきや、お勧めのモノなどをご紹介しています。
 こちらをクリック
[PR]
by casset | 2010-02-08 01:33 | キャリア

立場・状況は変われど必要なのは、○○力

Vol. 348

先日、キャリア開発研究の仲間と話をしていた際、
こんな気づきがありました。

企業勤務の方、一般的に会社規模が大手になればなるほど
担当する分野・専門が細分化されるため(マネジメント層を除く)
その分野・専門に合わせて仕事が配分される。
そして、その仕事を全うし成果をだすことで
次のステップへ進めることを期待する・・・

以前は、そうしていれば昇進が期待できた時代でしたが、
今はそうではありませんね。
リストラが進み、会社に残った方も、
少ないリソースで以前の仕事をこなさなければならない・・・
担当する仕事を全うすることも大変な状態です。
このある種のスパイラルの中、どう対処するかが
課題の方が多くなってきているのではないでしょうか。

スパイラルに入っていなくても、入ってからも、
常に、本来ご自身のもつ長所や、本当に何をされたいのか、
といったことをじっくりと検討し戦略を立て行動に移す、
ということが肝心だと思います。

結局のところ、立場・状況は変われど
ご自身でご自分のキャリアをドライブする=自律する力が
大切なのではないでしょうか?

スパイラルに入っていると感じるなら、なおさらのこと
相当のエネルギーで自己棚卸・戦略立案・行動計画・実行が
必要な時なのです。
まずは、自己棚卸からはじめましょう。

【CareerAssetキャリアセットからのお知らせ】

★法人様向け講演・セミナー詳細・お申し込みはこちら

★CareerAssetキャリアセット佐藤恵子のティーブレイク・セッション お申込み受付中! 
詳細・お申し込みはこちら

★個別キャリアコンサルティング詳細・お申し込みはこちら

★姉妹ブログ「CareerAssetキャリアセット"KEI"の一言~日々の気づき篇~」では、
 日々のちょっとしたことの気づきや、お勧めのモノなどをご紹介しています。
 こちらをクリック
[PR]
by casset | 2010-02-06 13:13 | キャリア

ブログ1周年の感謝です!

Vol. 347

今日でブログを書き始めて一周年となりました!
昨年の今日、イタリア・シチリア島を旅しながら
ブログを綴り始めて早一年。
お読みいただく皆さまに感謝です!

日々の思いを綴り始めることで、
より気づきが得られ、行動が加速・・・
その行動が情報・ご縁に繋がり、
様々な方からの応援をいただけました。
その喜びと感謝が、事業をドライブする
エンジンになりました。

ブログの一遍は何気ないものでも、
継続すると、大きなパワーとなることが
大きな発見でした。

一歩、一歩、続けること、

それも、精一杯続けること、

これから2年目に突入するわけですが、
昨年の最初の一歩が、2年目にはさらに
力強い一歩となるよう
日々精進したいと思います。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします!

【CareerAssetキャリアセットからのお知らせ】

★法人様向け講演・セミナー詳細・お申し込みはこちら

★CareerAssetキャリアセット佐藤恵子のティーブレイク・セッション お申込み受付中! 
詳細・お申し込みはこちら

★個別キャリアコンサルティング詳細・お申し込みはこちら

★姉妹ブログ「CareerAssetキャリアセット"KEI"の一言~日々の気づき篇~」では、
 日々のちょっとしたことの気づきや、お勧めのモノなどをご紹介しています。
 こちらをクリック
[PR]
by casset | 2010-02-04 00:54 | ご挨拶・ニュース

「緊急性」と「重要度」をめぐって

Vol. 346

あなたは、行動計画を立てるとき、
どのような基準でスケジュールを立てますか?

「緊急性」と「重要度」による

とおっしゃる方が多いのではないでしょうか?

それでは、比較的判断がつきやすい、
「緊急性も重要度もどちらも高いもの」、
「緊急性も重要度もどちらも低いもの」、
以外については、どちらを先に実行しますか?

最近、キャリア開発関連の仲間と、
タイムマネジメント・プライオリティマネジメントに関連して
話す機会があったのですが、
ふとその時に気づいたことをシェアいたしますね。

「緊急性はあるが、重要度が低いもの」
「緊急性は感じないが、実は重要なもの」

について、どちらを先に実行するか
については、

傾向としては、
「緊急性はあるが、重要度が低いもの」
についてとりあえず仕掛る、片づける、
ことが多いのではないでしょうか?

そして、気がついたら
「緊急性は感じないが、実は重要なもの」
には手つかずのまま、一か月、いや一年が
あっという間に過ぎてしまう
といったことはありませんか?

特に、仕事以外の「締め切り」を強制的に
与えられないものについては
ご自身が管理しない限りは、誰も
「もうそろそろ、やろうよ」
などとは言ってくれませんから・・・

実は、ここに盲点があると思うのです。

それは、実はこうしたことこそ、
「ご自身にとって最も重要なこととは何なのか」
「あなたとは、いったい誰なのか」
「あなたらしさとは何なのか」
に深く関連する重要なことだけれど
誰にもせかされないゆえに
深く考えない傾向があるのでは・・・

ご自身にとり
「緊急性は感じないが、実は重要なもの」
が何なのかはっきりしない、
該当するかどうか判断がつかない、
その結果、行動に移しようがないのではないか
ということなのです。

例えば、
・資格試験を受に合格する
・減量する
・体力をつける
・長年の夢の○○で世界中を旅する
・退職後に備えて趣味などのネットワークを広げる
等々、、、
ご自身以外には、緊急性・重要度は
わかりませんので、
しつこく言ってくれる人はいません。

まずは、自己分析をしてあなたを見つめる
ことが重要なのではないでしょうか。

あなたにとって、
「緊急性は感じないが、実は重要なもの」
とは何か、自信をもって言えますか?

【CareerAssetキャリアセットからのお知らせ】

★法人様向け講演・セミナー詳細・お申し込みはこちら

★CareerAssetキャリアセット佐藤恵子のティーブレイク・セッション お申込み受付中! 
詳細・お申し込みはこちら

★個別キャリアコンサルティング詳細・お申し込みはこちら

★姉妹ブログ「CareerAssetキャリアセット"KEI"の一言~日々の気づき篇~」では、
 日々のちょっとしたことの気づきや、お勧めのモノなどをご紹介しています。
 こちらをクリック
[PR]
by casset | 2010-02-02 23:22 | キャリア