ブログトップ

一歩前へ踏み出そう!~佐藤恵子のキャリア応援ブログ~

casset.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

直接聴こう!~早いほどよいけれど、今からだって遅くない!~

Vol. 359

先日、母校の高校で「未来展望セミナー」を実施してきました。
今年で第3回目となるのですが、
高校1年生の生徒さん達に、毎年現役OBが母校を訪れ、
今後の職業選択の参考となるよう~未来展望に向けて~
これまでの来し方を語る、というプログラムです。

今年は、30代・40代・50代から1名ずつの講演と、
講師一人ひとりに分かれての分科会を実施しました。
まだ進路を決める前の段階の生徒さんたちにとり、
大いに刺激になったようで、とても嬉しく感じています。

このようなプログラムは、全国で広がりつつあるようです。

先日のテレビ東京の「カンブリア宮殿」で、
「理想の人材」スペシャルを放映していたのですが、
番組の最後の方で取り上げられていた
東京都杉並区の和田中学の試みを知ることに。

社会人ゲストが講師となって
生徒(現在は中学3年生中心)に
どのような仕事をしているか等を継続的に授業として
実施しているそうです。
http://www.wadachu.jp/yononaka/ontheweb/index.html

同中学の校長先生曰く、
大学生になると、企業に就職するという意識・志向が
強く働く生徒が多いので、
若い方が「本当にやりたい仕事」を考えるうえでよい、
とのこと。

実は、私も同感する一人です。
本当にやりたいことについて、
じっくり考えることはとても大切であり、
できれば、若いうち~進路が固まる前に~
様々な社会人の話を直接聴いてみる、
ということは非常によいのではないかと思うのです。


一方で、では大学生以上の方についてですが、
それまで、いろいろな社会人の声を聴く機会がなかったとしても、
それはそれで割り切り、
すぐにでも幅広く声を聴くということを始めてはどうでしょうか。
あせって、自分が本当になにをしたいのか
よくわからずに就職活動をしているのであれば、
そのほうが、とてもリスクが高いように思います。


また、一度社会人になった方でも、
常に、「ご自身の強みとは」「本当にやりたいこととは」
をしっかり見据え、
現在の勤務先でどう発揮するか、
または、どうしても転職を希望されるのであれば、
転職先では、どんなことで勝負できるのか、
考える際に、経験者にどんどんあってお話を聴くことを
お勧めします。

今日のキャリアに迷ったら効く一言:

本当にやりたい仕事を見つける、知るために
実際に経験している方の話を直接聴きに行こう!
早いに越したことはないけれど、
例えそうでなくとも、「聴きたい」と思う時こそ聴き時でもあります。

[PR]
by casset | 2010-03-30 01:11 | 情報収集

あなたが買おうと思っている「それ」は・・・

Vol. 358

先日、日経MJの記事に、
ある女性のお金の使い方について掲載されていました。

その女性は、

「以前に比べ、収入が減ってしまったので、
食費などはお弁当などにして節約しながらも体によいもの
を心がけています。
でも、絶対に減らしたくないのが今まで通っている
教室や資格取得のための費用」

と考えており、「ご本人が学びたいこと」への費用は
確保しているので、収入自体は減っていても
充実している様子とのこと。

この、「学びのための費用」、実は費用というよりは
将来のための明らかな投資といえますね!


そういえば、私の場合、振り返ってみると、
経済的自立・安定していないとき
~例えば大学生時代から20代の頃~に購入したもので
今一番役立っているのは、その都度必要に応じて
受講した講座で学んだ知識や、そこで得たネットワークが殆どで
あることに気付きました。

当時支払った何倍、何十倍もの価値、またはお金に
代えられないほどの価値となっています。


一方で、ある時自分へのご褒美として頑張って購入した
~私なりに清水の舞台から飛び降りた気持ちで買った~
あるブランドの時計は、その2年後に外出先で落としたまま・・・

今日の「キャリアに迷ったら効く一言」:

何かを購入するとき、または予算に限りがあるとき、
それは単に消費なのか、または将来につながる投資なのか、
を判断基準の一つにしてみては。

あなたが買おうと思っている「それ」は、
5年後、10年後にはどんな形に育つ見込みがあるでしょうか?


[PR]
by casset | 2010-03-25 18:29 | 消費と投資

海外からのお客様が教えてくれる、日本のよさ!これをあなたにも!

Vol. 357

すっかり春の訪れが近いことを感じるこの頃ですが、
雪国新潟では、まだ道端に雪が残っており、
今シーズンの大雪の名残を感じさせます。
まだ、スキー場では滑走が楽しめるようです。

さて、先日の日経新聞の新潟版で、
こんなことを伝えていました。
日本人の間では、スキーやスノーボード人気が
バブル期後は下火が続いているものの、
実は、海外からのお客様、いわゆる「インバウンド」が
脚光を浴びている、というのです。

以前、北海道のスキー場を訪れたとき、
アジアから、また南半球からの家族連れの多さに
驚いたことがあります。
また、こういった方々へのプライベート・レッスンも
頻繁に行われており、インストラクターは
英語で教えていました。

と、北海道のスキー場の国際化は、
スキーファンの間では、
もはや周知となってきていますが、
最近では、野沢や新潟県・妙高のスキー場でも、
国際化の波が押し寄せてきているそうです。

しかも、本州のスキー場では、昔ながらの
温泉街で日本の情緒たっぷりの場所が点在。
また、住民・観光客も自由に楽しめる立ち寄り温泉が多いですが、
これらが、海外からのお客様に大変魅力的に映るというのです。

海外からやってくるスキーヤーにとって、
スキーは家族と長期滞在して楽しむもの。
日本のスキー場の新たなアピールポイントが見出された、
というわけです。

日本人が見逃してしまっていた
独自性たっぷりの魅力を、
海外のお客様によって再発見された、
といえますね!


これと似たような経験で、
今まで気がつかなかったご自身の特徴や長所を、
他人から教えてもらった、ということはありませんか?

私の場合、10年ほど前会社でプレゼンテーションの
審査を受けたときがそうでした。
数名の方に審査を受け、項目別に数値化して
改善していく、というプログラムに参加したこきのこと。

それまで、まったく気がつかなかったのですが、
そこで、私はプレゼンテーションが分かりやすいという評価を受け、
初めてそれが私の特徴・強みであることを知りました。

その後、自然とプレゼンテーションをする機会が多くなり、
独立後も、セミナーでプレゼンテーションをすることに・・・
あの、プレゼンテーションのチェックがなかったら、
その特徴に気づくことなく、強化しようとも思わなかったことでしょう。


今日の「キャリアに迷ったら効く一言」:

ご自身について、特徴や長所が見つけづらいときでも、
他人から気付かせてもらえるときがあります!

恥ずかしがらずに、他の人に聴いてみることもお勧めです。
実は、そのほうが独りよがりにならずに済むともいえるのです。



[PR]
by casset | 2010-03-19 07:05 | 自分を知る

「ついていないな」「辛いな」と感じるときこそ得られるもの

Vol. 356


最近の地震といえば、チリでの大地震とそれに伴う津波でしたが、
被災地では混乱が続いているのでしょうか・・・
一日も早い復旧を願わずにはいられません。

2004年の10月、新潟県では中越地震が発生し、
既に7年半近く経過しています。
今日のニュースでは、被災した長岡市の山古志小学校の
子供たちの作文を基にした歌がCDになり、
本日から発売が開始されたことを伝えていました。
http://mainichi.jp/select/today/news/m20100310k0000e040069000c.html

なんと、この歌のタイトルは

「ありがとう」

全国から寄せられた支援への感謝を込めて作られた、
思いが詰まった歌なのです!

歌の作者であるオカリナ奏者、黒坂黒太郎(本名・正文)さん(60)
とCDで歌った妻で歌手、矢口周美(かねみ)さん(57)が
山古志小、中学校を訪ね、子供たちにCDを手渡し一緒に歌う光景が
ニュースでも放映されていました。

辛い思い、悲しい思いをした方ほど、
「感謝」の気持ちを持つ・・・


不思議なようにも思えますが、
実は、私自身も似た体験があります。
大事故で寝たきりの状態を経験した後、
素直に生きていること、健康そのもの、
助けてくれた方々へ「ありがたい」と
思う気持ちを持つようになりました。
(その後、幸運にも後遺症なく今に至っています)
怪我のお陰で「感謝」について学べた気がします。

そして、、、

その後「感謝」の気持ちと、努力などの自発的な力の
両方が強く、バランスが取れたときに、
仕事やプライベートがうまく回ることに気がつきました。

あの、怪我がなければ気づくことはなかったでしょう。
今では「感謝」の大切さを教えてくれた
怪我の体験が宝物にも思えます。

今日の「キャリアに迷ったら効く一言」:
普段、特にうまくいっている時ほど忘れがちな「感謝」。
事故・災害・病気などの「ついていない」経験が
実は「感謝」という最も大切なことを教えてくれます。

今、もし仕事その他で「ついていないな」と感じる場合でも、
その経験から学べることはたくさんあります。
「ついていないな」と感じるときこそチャンスです!

[PR]
by casset | 2010-03-10 22:51 | 心構え

青木辰子選手が磨きぬいた「自身ならでは」

Vol. 355

バンクーバーオリンピックが終わったと思いきや、
同じカナダのバンクーバーでの、
今度はパラリンピックの開催が間近!
3月12日から21日に開催されます。

http://whatsnew.hellobc.jp/2010olympicwintergames/

このパラリンピックでは
スキー板に椅子を装着しての滑降から、
そりに乗ってのアイスホッケーなど、
様々な競技が繰り広げられるのですが、
なんと、日本勢は全ての種目でメダルが狙えるといいます!

NHKのパラリンピックの選手番組を観たのですが、
単なるスポーツの高みを極めるため練習風景だけではなく、
そこには、感動的な選手それぞれのドラマがありました。
元々健常者だったところ
事故などで手足・半身の麻痺や切断を余儀なくされた方が、
いかに現実を受け止め、
そして、打ち込めるものを見つけ邁進してきたか・・・

選手を挙げればきりがないのですが、
女子アルペンスキー シッティング(座位)の
青木辰子選手についてを知り、心を撃たれました。
彼女は、元々10代のころ体操選手でしたが、
10代後半で片足の異常が見つかり、
治療のための手術をしたところ、不運にも片足が麻痺。
その後、片足でのスキー競技で活躍していましたが、
なんと残った片足をスキー滑走中に負傷し、
今度は胸から下が麻痺。

スキーも無理かと思われたなか、
青木選手は、シッティング(座位)のスキーと出逢い、
これに打ち込むことになります。
今年50歳になりますが、メダル候補の一人なのです!
彼女のくったくのない笑顔の影には、
測り知れない苦労や努力を感じます。

この青木選手を知り、彼女の強さの理由を考えてみました。

・「与えられた環境」を受け止め、「限られた資源」を最大限活用する

・持ち前の運動神経の良さ(元体操選手)という、特徴を発揮する


そして、

練習・練習・練習・・・

この3つが組み合わさり、50歳となった今でも
堂々と世界の舞台で戦っていらっしゃるのではないでしょうか。

以前、怪我で身動きがとれなくなったとき、
また、仕事での疲れがピークに達したとき
そんな状況だった時こそ
「自分ならできるもの」「やりがいを感じること」
を考えるきっかけとなったことを思い出しました。

今日の「キャリアに迷った時に効く一言」の
気づきポイントはこちら!


「今」の状況がどんなであれ、または過酷なほど、
「自身ならでは」を見出すチャンス!
現状を受け止め、自分を見出し、磨いていきましょう!

[PR]
by casset | 2010-03-08 00:53

"KEI"のこころとキャリアがストレッチ~キャリア篇~が新しくなります!

Vol. 354

3月に入り、日増しに春の訪れを感じるこの頃。

このブログも、春の芽吹きと共にさらにストレッチします!

(なお、ここでいうストレッチとは、「休む」ではなく、
「さらに伸びる」という意味で使っています)

さらにキャリアに特化し、

「キャリアに迷ったら効く一言」

として、生まれ変わります。

これまでの、セミナー・コンサルティング等を通じて感じる
キャリアのお悩み・課題について、

「こんな風に捉えてみたら」
「こんな対処の仕方は」
「こんな仲間がいる」

といったメッセージをお伝えしてきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!
[PR]
by casset | 2010-03-05 16:24 | ご挨拶・ニュース