ブログトップ

一歩前へ踏み出そう!~佐藤恵子のキャリア応援ブログ~

casset.exblog.jp

「社外取締役」の発想

Vol. 370

あなたの会社には、取締役会はありますか?
ある場合は、何人取締役がいらっしゃり、
うち、社外取締役は何名ですか?

今春3月の日経ビジネスの誌面上、
社外取締役の重要性を、HOYA代表執行役CEOの
鈴木洋氏が、次のように例えています。

(株主も従業員も10人の会社の場合)
「10人が同一人物であれば、全員が取締役でいい。
しかし例えば八百屋のオーナーであるご隠居さんが、
大工の熊さんに店を任せる。
本当に熊さんで大丈夫かというこで、お目付役をつける。
そのお目付役が、熊さんの友達や仲間で安心できますか。
要はそういうことではないでしょうか」

非常にシンプルに例えていらっしゃいますが、
実は、この考え方は個人が生きていく上でも
大切だと感じています。

「自分という会社の取締役会」
という発想を持ち、
客観的な視点を持ち、厳しさを持ち備える
「社外取締役」数名を配置することが望まれるのではないか、
と思うのです。

あなたの頭のなかで、
あなたを中心とし、その周りに
取締役が座っていることを想像してみましょう。

取締役は何人で、
それぞれ、どんな分野についての助言を求めますか?
その中で、信頼でき、且つ厳しいことを言ってくれる人は誰ですか?
あなたは、その人が厳しいことを言ってきた場合、
受け止めることはできますか?

天才でない限り、様々なインプットを外からもらい、
それを将来の展望や現在の状況を踏まえ、
最善の方策を取っていきたいもの。

そのためには、時には自分を別の視点で捉え、
ときには厳しいことも言ってくれる信頼できる人は重要ですね。
それを、誰に置くか・・・
そして、どんなアドバイスをいただいたとしても、
ご自身の責任で最終決定することが、大切です。

今日のキャリアに迷ったら聴く一言:

気がつくと、心地よさゆえに
自分に優しい人だけと付き合っていませんか?

あなたに、厳しいアドバイスをくれる人はいますか?
そして、あなたは誰に厳しいアドバイスができますか?

キャリアに迷った時、次の一手を考えあぐねた時など、
「大丈夫だよ」と同情、励ましてくれる人だけでなく、
ご自身にとり厳しいことを言ってくれる人も、実は重要です。

そんな意見も受け止めながら、
あなたの戦略をたてるのは、あなたご自身です。

<キャリアセットからのお知らせ>
6月~7月の公開イベント情報をUPいたしました。
こちらから詳細・お申込み方法をご覧いただけます。
http://casset.jp/IndiviSeminar.html
[PR]
by casset | 2010-05-31 00:16 | キャリア
<< 2010年度 自分レビューミー... あなたのストーリー、どんなスト... >>