ブログトップ

一歩前へ踏み出そう!~佐藤恵子のキャリア応援ブログ~

casset.exblog.jp

本物を観るって素晴らしい

今日はフィレンツェ2日目。遂にウフィッツィ美術館へ訪問しました。

コの字型の美術館で、適度な規模。ボッチチェルリのヴィーナスの誕生・春、レオナルド・ダ・ヴィンチの東方三博士の礼拝等々、美術史上の重要な作品の数々に圧倒されました。

今回、いろいろ気づきを得ることができました。例えば、、、

1.広く認められている作品の殆どは、オーラを放っていることを痛感。

構図、色、タッチ、人物画の場合には表情が、同じ時代に描かれた他の作品とは一線を画しています。(ボッチチェルリのプリマベーラには圧巻。全体の持つパワーと細部にまでこだわったタッチが素晴らしかったです)

2.本物を観ることの大切さ。

1)師のヴェロッキオが観て自らの腕を越えていると驚嘆した、レオナルド・ダ・ヴィンチの受胎告知の観たのですが、確かに実際の作品を観ると、今まで本では感じ取れなかった違いを感じることができました。

2)マニエリスムの手法で描かれた絵は、形がデフォルメされており、その形の不自然さが気持ち悪いと思っていました。が、実際にパルミジャーノの絵を観たら、絵全体が持つバランスとパワーで、デフォルメが全然気にならず、むしろ自然に受け入れることができました。

3)コレッジオの絵も、本物を観て初めて素晴らしいと感じることができました。(以前は写真だけで、それほどよいとは感じていなかったので)やわらかく包み込まれるようなタッチ。特に人物の顔の表情は素敵でした。

といった具合に、フィレンツェでの本物との対面が続きます。
[PR]
by casset | 2009-02-10 22:16 |
<< フィレンツェを訪れる人と街について 下町でのパワーランチ >>